JHELP.COM
24hour non-profit worldwide emergency assistance service.
Home Agape Travel Volunteer Column English
Helpline Card
 
海外生活のトラブルはなぜ起こる
コラムトップ

 Before You Go(出発前)

1.目的地についてよく調べる事


 最初のアドバイスは、これから行こうとする場所の勉強をしっかりすると言う事だ。その国全体を学ぶだけでなく、その地域、市内、住むべき町についてもだ。これから一緒に過ごそうというという人々のライフスタイルや町にある伝統、行事なども勉強する事が必要だ。彼らにとって何が大切なのか、そしてその歴史的背景は何なのかを見つけ出すことだ。人々の価値観、宗教そして盛んなスポーツはどんなことなのか…。

 たとえば地図を見ながら自分が出かけていく場所を調べてみよう。そしてその土地について勉強するのだ。盛んな産業、人々が従事する仕事。また、その土地のスクールシステムはどうなっているか。アメリカは地域によってスクールシステムが違う。日本のように全国的に6・3・3制ではない。また、その土地のそしてその国の政治形態はどうなっているのか?本やそのほかの関連書物を読んでみることだ。彼らの気持ちを理解するためにも、自分をその人達に身を置き換えてみる、そんな準備もしておこう。

 人々がどんな食べ物を食べているのか、どんな店で買い物をするのか、どんな家に住んでいるのか、どんな町並みなのか。そして気候はどうなのか、暑いのか寒いのか、四季はあるのかなども調べておきたい。

 どんな服をもって行ったらよいのだろう。そのほかにはどんなものが必要だろうか。そんなときに一番の情報源となるのは、君が住むことになる国の大使館だ。そして町の商工会議所や、知りたいと思う分野の本もストックしているはずの図書館にコンタクトを取ってみよう。出かける前に渡航先の国やそこに住む人々について、ともかくよく知るように心がけよう。準備に勝る道はない。これが海外でのトラブルを最小限にし、自分自身の経験を意義あるものにし、生活に変化を与えてもくれる、ベストの方法である。

 さて、「どうやって調べるの?」なんて野暮なことは言わないでほしい。今君が繋いでいるインターネットを利用するのだ。この便利なものは10年前に留学を考えた人達が足を棒のようにして集めた情報を家にいながらにして手に入れられるのだ。検索エンジンを上手に使って、ほしい情報にどんどんアクセスしよう。

 それともうひとつ。言葉の勉強をちゃんと始めておくことだ。もし君が語学留学に出かけるとしても、これはとても大切なことだから、ともかく必死なって、ベストを尽くすことだ。発音の仕方、アクセントの置き方など簡単なことから始めてみよう。よく日本の英語の授業は役立たなかった、なんてことを聞くけど、中学程度の英語はしっかりやったほうがいい。ぼく達はこの準備に約6ヶ月かけることを勧めている。

 

上に戻る
Copyright 1996-2005 Jhelp.com